FXインジケーター販売、トレードツール開発のエフエックス・コンセプツ:インジケータのインストール

インジケーターのインストール

カスタムインジケーターのインストールについて

インジケーターのインストール 初心者の方へ
Meta Trader初心者の方が最初につまずくところで多いのが、取得したカスタムインジケーターをMeta Traderに反映させる「インストール」でしょう。

ここではインジケーターのインストール方法について簡単にご説明します。 チャートの基本的な見方については割愛しますが、今や数年前とは違ってMeta Traderの認知度が随分高くなり、沢山の親切なサイトがありますのでぜひご参考ください。
Meta Traderの使い方はこちらをご参考ください(外部サイト)

現在のMeta Traderのバージョン情報の確認

まずは現在のMeta Traderのバージョンを確認しましょう。

2014年2月にMeta TraderはVersion4:00 Build600にアップデートされました。(2014年6月現在Build 646) 自動アップデートをされている方は、これまで使っていたEAやインジケーター、定型チャートなどのファイルは自動的に新しい収納場所へとコピーされるため不都合はありませんが、アップデート後に新規でインジケーターなどを追加する場合は、Build600とそれ以前の509系の場合とでは、インジケーターのインストール場所が異なるため注意が必要です。

Meta Traderを起動させた画面で、上部メニューの「ヘルプ」→「バージョン情報」を確認します。
Meta Traderバージョン情報1
Meta Traderバージョン情報2
そうするとFXDDの場合は画面赤枠の部分に現在のMeta Traderのバージョン情報が表示されます。

Meta Trader4 Build600以前のバージョンの場合
Meta Trader4 Build600以降のバージョンの場合

カスタムインジケーターのインストール方法(Build600以前のバージョンの場合)

Meta Trader4 Build600以前の509系のバージョンの場合は、以下の方法になります。

ex4、mq4ファイルの場合
ダウンロードして取得したカスタムインジケーターを、以下の場所に移動(コピー&ペーストでも可)します。

Cドライブ→Program Files→MetaTrader -(ブローカー名)→experts→indicators
インジケーターの移動場所
なんとたったこれだけで完了です!
Meta Traderの画面を開いている場合は、一度閉じてから再起動してください。 もしもインジケーターがうまく表示されない場合は、保存場所が間違っている可能性がありますので、再度ご確認ください。


tpl(テンプレート)ファイルの場合
テンプレートファイルがある場合は、それは複数のインジケーターの組み合わせなどが1つのテンプレートになっているものです。 そのファイルだけは以下の場所に移動してください。

Cドライブ→Program Files→MetaTrader -(ブローカー名)→templates
テンプレートの移動場所
※Meta Traderの画面で「定型チャート」から開くことができます。


カスタムインジケーターのインストール方法(Build600以降のバージョンの場合)

Meta Trader4 Build600以降のバージョンの場合は、以下の方法になります。

Build600以降はインジケーターやテンプレートを収納するフォルダの場所が変更され、これまでのようにMeta Traderをインストールしたフォルダの中ではなく、以下のような非常に深い階層に変更されています。

C:\Users\(PCユーザー名)\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(ブローカー識別番号)\MQL4\Indicators

ただし、この方法ではパソコン初心者の場合は敷地が高いため、最も簡単な方法をご説明します。

ex4、mq4ファイルの場合
1.Meta Traderを起動させた画面で、上部メニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック
インジケーターのインストール方法1

2.そうすると簡単にインストール場所まで行けますので、ここで「MQL4」のフォルダをクリック
インジケーターのインストール方法2

3.次に「Indicators」のフォルダをクリック
インジケーターのインストール方法3

4.「Indicators」フォルダ内に、カスタムインジケーターを移動(コピー&ペーストでも可)して完了
インジケーターのインストール方法4
この階層は、Build600以降に変更された新しいインストール場所であることがわかります。

C:\Users\(PCユーザー名)\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(ブローカー識別番号)\MQL4\Indicators

ブローカー識別番号は、インストールしているMeta Trade業者ごとに数字の羅列でフォルダが自動作成され非常に分かりにくいため、上記のようにMeta Traderを起動しデータフォルダからインストールする方法が一番簡単な方法です。


tpl(テンプレート)ファイルの場合
テンプレートファイルがある場合は、それは複数のインジケーターの組み合わせなどが1つのテンプレートになっているものです。

1.「Indicators」の階層から2つ戻り(流れ2.の画面)、「MQL4」ではなく「templates」をクリック
テンプレートのインストール方法1

2.「templates」フォルダ内に、テンプレートファイルを移動(コピー&ペーストでも可)して完了
テンプレートのインストール方法2
この階層も、Build600以降に変更された新しいインストール場所であることがわかります。

C:\Users\(PCユーザー名)\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\(ブローカー識別番号)\templates

インストール完了した後は、Meta Traderの画面を一度閉じて再起動してください。
もしもインジケーターやテンプレートがうまく表示されない場合は、保存場所が間違っている可能性がありますので再度ご確認ください。
Copyright © 2014 JUVENILE inc. All Rights Reserved.